伊豆高原 象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~

象牙彫刻120点を中心に世界最大の宝石屏風や翡翠彫刻等、東洋美術工芸品を収蔵
まさに至宝たちの競演、日本の故宮と言われ必見に値します。

大型彩石象嵌屏風

象嵌とは

象嵌(ぞうがん)~かたどる・はめる~

 象は「かたどる」、嵌は「はめる」と言う意味がある。象嵌本来の意味は、一つの素材に異質の素材を嵌め込むと言う意味で金工象嵌、木工象嵌、陶象嵌等がある。その中の金工象嵌は、シリアのダマスカスで生まれ、シルクロード経由で飛鳥時代に日本に伝わったとされる。江戸時代には京都などに優れた職人が多数生まれ、日本刀の拵えや甲冑、鏡や根付、文箱、重箱などに腕を振るった。素材としては金属だけではなく、彩色した木材や骨片、貝殻、陶磁器なども用いられる。

wikipediaより引用

PAGE TOP

Copyright © 象牙と石の彫刻美術館~ジュエルピア~
〒413-0231 静岡県伊東市富戸1096-1
※カーナビ入力は富戸1101−2を入力してください。
TEL:0557-48-7777 Fax:0557-48-7788
営業時間:9:00~17:00 年中無休 12月7月にメンテナンス休館有り
入館料金 大人:1,200円 子供600円
団体15名以上、大人1,000円
当館には車椅子がございます。ご利用時はお声かけ下さい